Microsoft の MPSA ボリュームライセンスプログラム

この CRN の記事では、Microsoft の比較的新しい(2013年末に初めて発売)ボリュームライセンスプログラム(Microsoft Product and Services Agreement、MPSA)について組織が知っておくべき 6 つの点を説明します。このプログラムは、250 件以上の企業顧客を対象としています。

§ MPSA により、顧客は、一度の契約でソフトウェアをクラウドおよびオンプレミス レベルで購入することができます。これは、Microsoft Business and Services Agreement(MBSA)、Microsoft Select Plus Agreement、および Microsoft Online Services Agreement(MOSA)に代わるものです。

§ MPSA で時間が節約できます。Select Plus が 37 ページに及ぶのに比べ、わずか 8 ページです(Select Plus の 37 ページには MBSA に関する記載が 23 ページ、Select Plus Agreement と Online Services Agreement に関する記載がそれぞれ 7 ページあります)。(詳細については、MPSA と Select Plus 比較表 pdf 文書を参照してください)。

§ MPSAは、複数の契約の代わりに、単一の契約を締結することで、ライセンス付与を簡便化するための Microsoft のトップダウンの取り組みの一環です。

§ MSPA は、ライセンスソリューションプロバイダ(LSP、以前はラージアカウントリセラーまたは LAR と呼ばれていました)を通してのみ販売されます。

§ Microsoft は、Microsoft ボリュームライセンスセンターと呼ばれる新しいライセンスのポータルを立ち上げました。CRN の記事によると、この新しいポータルは、「すでに契約提出時間を 65 パーセント速めて、顧客やパートナーを支援···」しています。

§ MPSA は、クラウドとオンプレミスのソフトウェア製品の両方で大口値引きを提供しています。Select Plus は、オンプレミスソフトウェアの値引きのみを実施しています。

Microsoft ソフトウェアライセンスの最適化の詳細については、当社のウェブサイトをご覧ください。また、当社のホワイトペーパーもぜひお読みください。ソフトウェアライセンスの最適化を実現するには?

また、当社の Microsoft サーバーとクラウド加入契約に関するブログを参照してください。SCE も 2013 年末に立ち上げられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です