SAP 間接アクセスおよびユーザー ID 管理

You’ve reached an archived Flexera blog post that may be out of date. Please visit the blog homepage for the most current posts.

Chris Hughes 著

SAP のネームドユーザーライセンスモデルでは、AP 機能にアクセスする各個人が単一のネームドユーザーライセンスを消費する必要があります。それぞれのユーザーの役割に応じて、消費されるライセンスのタイプは異なりますが、ライセンスモデルの基本部分は、各ユーザーが 1 つのライセンスを消費するというものです。

すべての SAP 顧客は、複数の SAP システムを利用しています。小規模な展開では、プロダクションシステムが 1 つしかないことがありますが、開発システムやテストシステムもあります。大きな組織であれば、使用する SAP モジュールが複数のシステムに広がる場合や、地域的な SAP 展開が必要となることもあります。こうしたシナリオで、SAP 顧客は、各個人が複数の SAP システムでユーザーアカウントを持ち、こうした人たちがネームドユーザーライセンスの観点で重複カウントされるリスクが存在する可能性に直面しています。

SAP の調整ツール、特にライセンス管理ワークベンチ (LAW) には、こうした重複カウントを回避する機能があります。SAP LAW を使用する組織は、単一のユーザー属性を指定することができ、この属性の値に基づいてユーザーアカウントを結合します。しかし、実際には、結果として生じるユーザーカウントを最適化するのにこれが完全に十分であることはめったにありません。吸収合併、分割、地域的な違い、時間経過に伴う変化、未記入のユーザーメタデータなどが、現実世界での例であり、シングル・ユーザー属性に依存しても、あまり効果がありません。

SAP ソフトウェア ライセンス最適化ソリューションは、組織が重複している組織内のユーザーを特定し、SAP LAW を取り巻く制限を克服するようお手伝いします。また、この洗練された ID 管理ソリューションは、SAP システム間でのユーザーの属性や規則における一貫性の欠如を最少化することもできます。

間接アクセス

間接アクセスの管理に対する基本的アプローチには、SAP システムとデータを交換するすべてのビジネスシステムを検出し、それぞれのシステムでのユーザー数をカウントすることが含まれます。以下の例は、間接アクセスの基本的な分析の概要を示します:

ビジネスシステム

RFC ユーザー

ユーザー数

SalesForce.com

sfdc_user

5000

Hyperion

hyperion_user

1000

Agile PLM

agile_user

1000

合計

7000

一目で分かるように、これらの間接アクセスをカバーするには、さらに 7,000 の SAP ネームドユーザーライセンスが必要です。ただし、これでは、一部の間接ユーザーが SAP 直接ユーザーでもあり、SAP ユーザーアカウントが既に間接使用をカバーしているライセンスタイプに割り当てられている可能性を考えていないことになります。あるいは、あるシングルユーザーが SalesForce.com、Hyperion、Agile PLM のアカウントを持っていて、これらのシステムすべてへのアクセスをカバーするシングルライセンスしか必要としないかもしれません。

SAP LAW を使用して複数の SAP システムに関わるユーザーを統合する際に組織が直面する課題を思い出し、SalesForce.com、Hyperion、Agile PLM を追加しましょう。以前、回答者の 12 パーセントが、SAP システムおよびサードパーティ・アプリケーションとの間に 50 を超えるインターフェースが存在していると回答した調査結果に言及したことがあります。それほど多くのビジネス・システム全体で、各々が独自のユーザー識別の概念、ユーザー名の規則や要件を持つ一意のユーザーを特定しなければならないという課題は、心をひるませます。

総合的なソフトウェアライセンス最適化ソリューションは、組織が間接アクセスを見つけるよう支援し、洗練され、完全に自動化されたユーザー統合を可能にして、SAP ネームドユーザーライセンスの消費を最適化します。

間接アクセスは、多くの SAP 顧客に、莫大なライセンス費用を課します。ただし、問題に積極的に取り組んで、効果的なテクノロジーを活用することにより、このシナリオでライセンスの消費を最適化すれば、組織にとって、ソフトウェアライセンスのコンプライアンスリスクを低減できる大きな機会となります。

詳細を見る– 当社のオンデマンドウェビナーをご覧ください:SAP ライセンス管理の課題と機会.

ITAM Review の記事もご覧ください:SAP ライセンス – 部屋に無用の長物がありませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です