「食べ放題」ソフトウェア・ライセンス契約の餌と罠

Chris Hughes 著

ビュッフェや食べ放題のレストランで食事をしたことがある人には、次のような「罠」に落ちる可能性があります。

1.公正な価格に見合うより少ない食物しか消費しなかった

2. 元を取ろうとして、あるいは単に食べられるからということで、必要とするより、欲しているより、多くの食物を消費してしまいます

All you can eat

こうした罠は、例えば Oracle の無制限ライセンス契約 (ULA) や SAP の導入時無制限契約 (UDD) などの「食べ放題」ソフトウェア・ライセンス契約に、驚くほど当てはまります。

最初の罠は、正確で現実的な計画の必要性を浮き上がらせます。「食べ放題」契約では、通常、ベンダーのソフトウェアの利用の急速な増加を想定しており、増加の仮定を徹底的に検証することなく長期契約を締結することがないように注意しなければなりません。

契約期間中は過剰消費のソフトウェアにとって明らかな悪い面がないため、第 2 の罠はより巧妙です。ただし、満了時、組織には導入したソフトウェアのライセンスが残り、実際の使用をはるかに上回る継続的なメンテナンス義務が発生します。

「食べ放題」契約に共通の誤解は、ソフトウェアの導入や利用を精細に調べる必要性がなくなるということです。これは決して真実から外れていません。特に、契約の満了日が近づいてくると、必ずソフトウェアライセンスの消費を最適化し、継続的なメンテナンスの支払が不要な過剰消費ではなく、実際の使用に基づくようにしなければなりません。

関連する罠に対する的確な認識や理解がある限り、「食べ放題」ソフトウェア・ライセンス契約は、急速に加速するベンダーのソフトウェアの利用に関する真の必要性に基づいて真の価値を組織に提供することができます。

注:Oracle ライセンス管理サービスが ULA サービスを提供により、ULA の下での Oracle 製品の利用に関する企業の理解を深めることができます。

Oracle ソフトウェアの最適化された管理の詳細については、以下の当社オンデマンドウェビナーをご覧ください。Oracle ライセンス管理のベストプラクティス

SAP ライセンスの管理と最適化の詳細については、次のホワイトペーパーをお読みください。SAP 支払い過多症候群の治療

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です