イノベーションに最適な環境を作る — 従業員に重点を置く

Blog image 1

「ソフトウェアのイノベーションでは、他のほとんどすべてのイノベーションと同様、他の人と協力しアイデアを出し合う環境が必要です。また、顧客と直接話をして、フィードバックを受けたり、そのニーズを理解したりする必要があります」
– ビル・ゲイツ

「イノベーション」という言葉を聞いて何を思い浮かべるでしょうか。乱用されている流行語だと思う人もいれば、仮想現実のヘッドセットや人工知能のことがすぐに頭に浮かぶ人もいるかもしれません。

いずれにせよ、ビジネスの成長、雇用の創出、グローバルでの成功において、イノベーションが重要な役割を担っていることは間違いありません。ダイナミックかつ急速に変化するこの世界において、企業としての競争力を維持するうえでイノベーションは非常に重要です。

では、自分のチームやビジネスにおいて本当の意味でのイノベーションを実現するにはどうすればよいでしょうか?

まず、イノベーションは優れたアイデア、つまりテクノロジから始まるということ、そして「何を」実現するかは結果に過ぎないということを認識することが大切です。本当の飛躍的進歩はそのアイデアにあるのです。

次に、優れたアイデアは人の内側から自然発生的に生まれるものであり、多くの場合は予期しない時に予期しないところから、もたらされるということを認識しなければなりません。新しいアイデアは、すでに知っている既存のアイデアを想像的に組み合わせることで生み出されます。

このことから、本当のイノベーションはテクノロジではなく、多くは人に関わるものであり、強制的に作り出すことはできないということが分かります。

注目すべきは、どのようにすればイノベーションを推進できるかではなく、どのようにすれば、人が画期的な新しいアイデアを組み合わせる上での最適な状態を作ることができるかということです。多様で有能な人材が集まり、そこでは信頼され尊重され、真のイノベーションの中核となるすばらしいアイデアを協力して考え出すことができる。そのような環境を作る必要があるのです。

ここでこのブログ記事を終えることもできますが、まだ続きがあります。リーダーとして我々が行っている仕事はイノベーションのための環境を作ることだと聞くと、みなさんのチームや会社でそのような環境を醸成するために実行できる具体的なことをたくさん思いつくことでしょう。ただし行動を開始する前に、気に留めておいていただきたいことがいくつかあります。

  • コラボレーションの文化を作る:画期的なアイデアは多くの場合、さまざまな人が意見を出し合い、ブレーンストーミングすることで生まれます。アイデアとアイデアを組み合わせていけば、最後に残るのは、だれか一人ではなく複数の人間のアイデアを組み合わせて生み出されたアイデアということになります。
  • さまざまな知識や経験を持った多様な人でチームを構成する:それにより、非常に多くのアイデアの中から新しいアイデアが生み出されます。
  • 組み合わせるアイデアをさまざまなところから入手する:たとえば、新しいテクノロジを試してみる、さまざまなトピックに関するビデオを見る/トレーニングを受ける、会社の戦略やビジネス上の主要課題を確認するなどです。
  • コラボレーションが容易にできるオフィススペースを用意する:たとえば、座席の配置を工夫したりホワイトボードを置いたりなど、オフィスのデザインはコラボレーションが自然にできるものでなければなりません。
  • 信頼され、尊重され、十分に配慮される環境を作る:人はそのように扱われると、創造的で革新的になるからです。
  • 考えるための専用の時間を作り、習慣にする:たとえば、調査、ハッカーソン、会社でのブレーンストーミングを定期的に実施するなどです。

みなさん全員が、チームや会社の中で最もイノベーション精神のある人材であってもらいたいと思います。自分のチームでイノベーションの環境を作るために具体的に行っていることがあれば、ぜひ教えてください。

Flexera のソフトウェア管理に関する革新的でインテリジェントなソリューションについて詳しくは、当社の Web サイトをご覧ください。Flexera は Chicago Tribune が選出する優れた職場トップ 100を 4 度受賞しています。このリストは、従業員に対して実施されたアンケートの結果に基づいたもので、職場における文化のいくつかの側面(方向付け、実施、関係など)を評価してランキングされています(こちらのプレスリリースを参照)。

Flexera の業界をリードするソフトウェア資産管理とライセンス最適化ソリューションの詳細をご覧ください(Paul Hughes は Flexera の FlexNet Manager Suite for Enterprises ソリューションの技術担当副社長です)。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です