ソフトウェア資産管理プログラムの管理に必要なリソースとは?

ソフトウェア資産管理(SAM)プログラムの管理は組織ごとに異なります。必要となるスタッフの数を判断するための方程式は存在しません。必要となるリソースの適切な量を判断するための万能のアプローチはありません。必要となるリソースの合計数は、ソフトウェア総支出額、デバイスの数(データセンターおよびデスクトップ)、管理するソフトウェア製品やソフトウェア・ライセンスの数、社内で必要なビジネス分析作業量などに応じて異なります。SAM プログラムに必要なリソースの数を判断するためには、まず SAM ツールの基本機能や組織内における SAM チームの位置づけを把握する必要があります。

SAM チームが IT 部門内にある場合は、中核となる情報源(検出およびインベントリ・データなど)、およびハードウェア資産管理、構成管理、サービス管理プロセスとの緊密な連携が可能になります。また、SAM プロセスに影響を与える運用業務(問題/インシデント/変更管理など)、および未使用アプリケーションのライセンス回収、禁止ソフトウェアのインストールの監視、ハードウェアの廃止と廃棄などの作業も SAM チームが実行できます。

SAM チームが財務/調達部門内にある場合は、調達、購買、ベンダー管理チームとの緊密な連携が可能になります。その結果、管理可能な状態を保ちながらビジネス・ニーズを最良の形で満たすソフトウェア・ライセンス契約の交渉をサポートできるようになります。また、ライセンス・エンタイトルメントに関する社内コミュニケーションが向上し、ライセンス・コンプライアンスを確保できます。

ソフトウェア資産管理ツールを有効に活用するためには、SAM チームがいくつかのことを実行する必要があります。たとえば、SAM ツールに接続された情報源(インベントリ・データやビジネス・データ)の監視と保守、新規ソフトウェア・ライセンスの追加、禁止ソフトウェアのインストールの防止、既存アプリケーションの効果的な使用の監視などです。SAM ツールは、ソフトウェアとライセンスに関連するあらゆる物事のためのハブとなります。SAM プログラムから最大限の価値を引き出すためには、ソフトウェア資産管理担当者がツールや SAM プロセスに関する専門知識を習得しなければなりません。

SAM プロセスおよびツールを維持するには、SAM チームが次の 3 つの機能領域を管理する必要があります。

  1. システムおよびインベントリ・サービス

システムおよびインベントリ・サービスでは、SAM ツールでサポートされる導入済みハードウェア/ソフトウェアを可視化および監視を行います。システムおよびインベントリ・サービスとは、SAM ツール管理者によって実行される次のような技術作業です。

  • システム監視と健全性管理
  • システム・アップグレード
  • 検出およびインベントリ管理(場合によっては、オペレーティング・システム、仮想化、データベース、ミドルウェア、エンタープライズ・アプリケーションの全ソフトウェア・スタック)
  • インベントリおよびビジネス・データのインポート/インターフェイスの保守(ライセンス・エンタイトルメントや契約情報の収集とインポートのためのコネクタなど)

システムおよびインベントリ・サービスは、SAM ツールを使用して健全かつ安定した環境を構築するための基盤となります。これにより、残り 2 つの機能サービスも効果的に実現できます。

2. SAM 運用サービス

SAM ツールにデータをインポートした後、そのデータを処理して、企業にとって実用的な知見および情報へと変換する必要があります。SAM 運用サービスとは、ツール・オペレータによって実行される次のような運用作業です。

  • ソフトウェア資産ライフサイクル管理
  • アプリケーション管理
  • ライセンス状態を維持するための発注書の処理
  • レポートの提供とメトリクスの収集
  • インベントリおよびビジネス・データの品質サポート

SAM 運用サービスは、SAM ツール内のデータに関する運用をサポートすることで、ライセンス・コンプライアンスおよび最適化サービスを実現します。

3. ライセンス・コンプライアンスおよび最適化サービス

ライセンス・コンプライアンス・サービスでは、インストールごとに収集したエンタイトルメント・データに基づいて、「ソフトウェア・インベントリに購入したソフトウェア」のレポートを生成できます。ライセンス最適化サービスでは、製品使用権を適用し、契約上の合意に基づいてアプリケーションのライセンス消費を最適化します。使用権には、アップグレード、ダウングレード、二次使用権、複数使用、ローミング使用などがあります。ライセンス・コンプライアンスおよび最適化サービスの担当者は次のような作業を実行します。

  • 主要ベンダーのライセンス契約条件に関する情報を各分野の専門家に提供
  • 重大なライセンス・コンプライアンス・リスクの特定
  • コンプライアンス違反の影響をドル($)単位で数値化し、認識を促し、優先設定を促進し、全体的なリスクに基づいて回避策を講じる
  • 該当組織と協力してライセンス最適化の推奨事項を見直し、達成可能なものを特定する
  • ライセンスの再利用が可能なケースを特定し、自動再利用プロセスを実装する
  • SAM ツールのレポートに基づいてコストを削減できる領域を特定し、削減のための行動を実行する

リソース要件を決定するためには、SAM ツールの中核機能、およびその機能を実行するために必要なスキルを把握することが不可欠です。 

SAM プログラムを進めるにしたがって、単なる運用から、ビジネス分析のサポートへと進化させることで、効果的かつ効率的なIT管理を実現することが重要です。それに伴い、組織内のリソースとスキル・セットも進化させなければなりません。

SLO_SAMTool_Blog-image-1_JPY_Feb17 (002)

SAM ツールを求めている企業の多くには、新ツールでソフトウェア資産を効果的に管理するための専任チームがありません。SAM ツールの価値を迅速に引き出すことができない組織も少なくありません。そのような組織は、ビジネス目標を達成するために、SAM ツールおよび SAM プロセスのベスト・プラクティスを実装するためのサポートを必要としています。SAM ツール・プロバイダのサポートのもと、ツールを実装し、SAM プログラムの運用開始に備えることで、持続可能なソリューションを速やかに獲得して、ビジネス価値を迅速に実現できます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です