ソフトウェア・ライセンス最適化ブログの 2016 年人気記事

少し遅くなりましたが、2016 年に最も人気が高かったソフトウェア資産管理とライセンス最適化に関するブログを振り返ります。前年と同じように、最も多く読まれた記事のリストを 2 つご紹介しましょう。過去のすべての記事を対象にしたリストと、2016 年に書かれた記事だけを対象にしたリストです。こうすることで、新しいコンテンツの人気度の推移がわかると思います。

2016 年に最も人気が高かった記事(過去に投稿したすべての記事から集計):

  1. Windows Server 2016 用の Microsoft ライセンス体系がもたらす影響
  2. Oracle Database License Management in VMware Virtual Environments (Part 1 of 3)(VMware 仮想環境における Oracle データベースライセンス (パート 1/3))
  3. ホット/ウォーム/コールド・スタンバイなど、バックアップ・サーバーのライセンス管理
  4. Managing Microsoft Client Access Licenses (Part 1 of 3)(Microsoft クライアント アクセス ライセンスの管理 (パート 1 / 3))
  5. ITSM ソリューションを実装しているのに、なぜソフトウェア資産管理ソリューションも必要なのか
  6. Oracle Database License Management in VMware Virtual Environments (Part 2 of 3)(VMware 仮想環境における Oracle データベースライセンス (パート 2/3))
  7. トライアド・ライセンス・サーバー構成を採用すべきか

2016 年に最も人気が高かった記事(2016 年に投稿した記事から集計):

  1. Windows Server 2016 用の Microsoft ライセンス体系がもたらす影響
  2. ITSM ソリューションを実装しているのに、なぜソフトウェア資産管理ソリューションも必要なのか
  3. Gartner によると、ソフトウェアのライセンス最適化でソフトウェア・コストを 30 %削減可能!
  4. SAM Summit 2016 参加レポート — ソフトウェア監査、クラウドのライセンス管理など
  5. ソフトウェア資産管理と経営幹部 — SAM は戦略的必須事項である
  6. ソフトウェア資産管理プログラムのメトリクス測定が成果を引き出す
  7. Flexera、オープン・ソース・アプリケーションのセキュリティ・プロバイダ Palamida を買収

両方のリストで 1 位にランクインした人気の記事は、Windows Server 2016 のライセンスに関するブログでした。このブログは、昨年 1 年間で、7500 以上のページビューを達成しました。Windows Server 2016 が、従来のプロセッサ・ベースからコア・ベースのライセンス体系へ移行したことで、多くの組織に影響がありました。ブログでは、この変化にどのように対応するべきかを紹介しています。

2016 年発表のブログのうち、2 番目に読まれた記事は、ITSM ソリューションを実装済みの環境における SAM ソリューションの必要性について書いたブログです。ブログの中で触れていますが、ITSM ツールが追跡、管理するのは構成管理データベース(CMDB)のデータであり、資産管理データベース(AMDB)のデータではありません。また、ITSM のプロセスとツールは全て、IT サービスの提供を対象にしています。ソフトウェア・コストのコントロールやソフトウェア・ライセンス・コンプライアンスの確認と維持という側面にはフォーカスしていません。詳しくはブログをご覧ください。

2016 年の投稿のうちリストの最後になったのは、当社によるオープン・ソース・アプリケーションのセキュリティ・プロバイダ Palamida 買収に関する記事でした。Flexera のFlexNet Code Insight は、オープン・ソース・ソフトウェア(OSS)がもたらすセキュリティ・リスクを軽減し、ソフトウェア製作者と企業の両方をサポートします。

いつもソフトウェア・ライセンス最適化ブログをお読みいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です